携帯レンタル事業者が選ぶキャリアの偏りの理由とその意味

掲載日:2014年8月30日(土)

過去にも記載した内容ではありますが、弊社に新聞社の電話取材を何件かいただきましたので、再度記述させていただきます。

まず、弊社において利用回線は主要3社を扱っておりますが、ドコモが他社より多くなっております。もちろんレンタル事業者として申告しており、携帯電話不正利用防止法に則り運営しております。ドコモが多くなる理由は下記のとおりです。

  1. お客様からドコモ希望の問い合わせが圧倒的に多い
  2. 空き回線の維持費
  3. SIMカードの利便性

1.はそのままの意味合いです。特に通話料定額制の導入一番手だったことは非常に大きな追い風となったと思われます。携帯主要3キャリアの中でも、契約者純増数が大きく伸びましたが、レンタル携帯業者でもこれは同じでした。それほど魅力的な内容でした。レンタル携帯業者としては月々の料金が定額制になったことで管理・予測が非常に容易になり料金未払いなどのリスクも減ります。お客様にもメリットがあり、事業主としてもメリットのある大きな変更点です。
今は主要キャリアのすべてが通話料定額を導入しているので、変わらないと思われるかもしれませんが、その内容には若干の違いがあります。その説明は2.にて行います。

2.空き回線の維持に関して。空き回線とはレンタルされていない回線を指します。この回線の維持費は会社が負担しなければなりません。つまり回線の維持費が一番安価なものを選ぶ必要があります。ここで主要3キャリアに違いが出てきます。
通話料定額を利用するにはパケット定額の契約が必要というキャリアもあり、維持するうえで大きな負担となります。頻繁に出るキャリアの回線ならばさほど問題ではないですが、一番需要のあるキャリアであるドコモはパケット定額の契約は強制ではないので、この点でもレンタル業者に選ばれる理由となります。

3.SIMカードに関して。ドコモではSIMカードのサイズが合えば白ロムを使用することができます。白ロムとは電話番号が入っていない携帯電話のことです。他社では現行の4GLTEなどの機種はSIMカードを差し替えて使用することができますが、3Gのフィーチャーフォンにおいてはロックがかかっているものがあります。このフィーチャーフォンでSIMを差し替えるには解除料金がかかります。こういう内容に関してもドコモが利便性が良いという結果になります。

以上のことが新聞社などで話題となった、弊社を含めたレンタル業者、ひいてはレンタル携帯愛用者がドコモを多く利用する理由ではないかと考えます。
もちろん、ソフトバンク・AUを専門に取り扱う業者も存在すると思いますが、契約内容などで各社を利用するそれぞれレンタル業者なりの理由があるかと思います。

いずれにしても、重要なのはレンタル携帯が悪用されないように各レンタル業者が努めることであり、業者が行わなければならないのは、身分証確認の徹底など携帯電話不正利用防止法に則って運営していくことだと思います。どこのキャリアが多いというのは論点が的外れではないでしょうか?

最後に、今後携帯電話各社はSIMフリー(キャリア間でのSIMカードの移動が自由となり、AUで購入したスマートフォンにソフトバンクのSIMを装着など)となっていくようですが、各キャリアの料金体系が顧客獲得に大きな差を生むこととなっていきます。各社今後の動向から目が離せない大きな分岐点に差し掛かろうとしているのかもしれません。

 

レンタル携帯でのLINE一部利用制限に関して

掲載日:2013年10月5日(土)

先日、LINEの利用に関してauに続きましてドコモ・ソフトバンクにおきましても年齢認証が必要となりました。

内容に関しましてはLINE自体のサービスは継続利用可能ですが。「ID検索機能」が利用できなくなるというものです。

レンタル携帯におきましては法人格での契約内容となっているため、年齢認証を受けることはできません。

友達を追加するには公式ヘルプによりますと、1)電話帳連携をしたうえで電話番号の交換を行う 2)目の前にいる人を位置情報から探す「ふるふる機能」を利用する 3)QRコードを表示して読み取る が推奨されています。

また、比較的簡単なものとして「LINEユーザID」の代わりに「LINEユーザURL」を教えて友達になる方法もあるようです。

詳細などに関しましては、弊社では対応致しかねますのでネットなどでお調べいただき、ご利用いただきますようお願いいたします。

株式会社T-Prime

 

 

レンタル携帯会社がドコモを選ぶ理由

掲載日:2013年5月18日(土)

先日、警察庁から発表があった詐欺事件に関わるレンタル携帯の利用キャリアが98%ドコモであるという内容の記事。

実際そうでしょう。しかし、もう少し掘り下げて考えると詐欺事件に関わるという部分が穿った見方で語られていると感じました。

弊社でもドコモが主流となっていますが、お客様の希望キャリアはドコモが実際多いのです。

その理由はドコモの機種がSIMロックに関して他のキャリアと比べ利用しやすい点が挙げられます。他のキャリアでは機種自体にSIMと紐付けるSIMロックレベル2などを設けており、同キャリア内においてもSIMの差し替えでの利用に費用と手間がかかります。

現在半数以上のお客様はSIM(回線)のみのレンタルを希望され、機種は白ロムをオークションなどで購入、もしくは自分の持っている機種と入れ替えて使用される方が目立ちます。つまり、安く実用的にキャリアを選ぶ場合は自然にドコモが一番人気になるのです。規制をもうけるならレンタル業者にこそ向けるべきのような気がします。業者に許認可制度を設け、監視を強化、身分証の確認を怠った業者は免許はく奪など方法はいろいろあるでしょう。

仕事用、選挙、修学旅行、イベント、アプリ開発など様々な用途で必要とされるするレンタル携帯ですから、無茶なキャリア規制には賛成できません。

心もとない業者が身分証の確認をせずに怠慢な経営を行って業界のイメージを損なっておりますが、すべての業者がそういう会社ではないということを広く知っていただきたいものです。

 

弊社レンタル携帯電話をご利用いただく皆様方へ

掲載日:2013年4月25日(木)

先日、レンタル携帯電話業者の携帯電話不正利用防止法違反に関しまして報道がございましたので、当社における契約時の必要事項を今一度こちらでお伝えいたします。

当社ではレンタル携帯をご契約いただく際、必ず身分証のご確認を行っております。身分証確認としての要件を満たすものといたしましては

・運転免許証・パスポート・住基カード・外国人登録証・健康保険証+公共料金領収証 となっております。

また、レンタル商品の配送は各身分証に記載された住所宛にのみ郵送させていただきます。郵送方法は安心・安全に受け取っていただくため、JP(日本郵便)の本人限定受取郵便にて行っております。商品を受け取る際も身分証が必要となりますのでご了承ください。

当社では現在ご利用いただいている方にも、これからご利用を検討されている方にも、快適に携帯レンタルをご利用していただくため、引き続き法令を遵守して営業に精進してまいりますので何卒よろしくお願いいたします。

携帯レンタルの良心的なお店であることに誇りをもって ザ・シークレットサービス

掲載日:2013年3月30日(土)

携帯のレンタルを選ぶ一番の基準となり得る「安い」の文字。当店は価格において出来る限り他社に劣らない料金を提示させていただいておりますが、当店が一番重要視するのはお客様に対し誠実であることがなによりの優良店への道と考えております。
先のブログなどでも記述させていただきましたが、各レンタル携帯業者の料金体系は多種多様です。統一された価格の表記が無い為にお客様は難しい選択をしなければなりません。
では、あなたは何を頼りにお店選びを行えば良いのでしょうか?
そんな時、お気軽にご相談ください。当社は優良店であるという誇りがありますので初期費用、翌月からの月々の想定料金をしっかりご提示させていただきます。
安心、納得の携帯電話レンタルのザ・シークレットサービスをよろしくお願いいたします。

知らないと損する・格安レンタル携帯電話業者を見分けるポイントは?

掲載日:2013年3月23日(土)

最近レンタル携帯を他社から乗り換えをお考えの方からご相談いただいたのが、料金が契約初期費用は安かったが、後の請求額が高額だったというものです。考えられる原因はいくつかありますので、皆様にもそのポイントをおぼえて、お店選びの参考にしてください。
注目すべき点は、通話料金・プラン料金・レンタル料金・無料通話です。これらを明示してない業者はちょっと怖いです。優良店なら記載されていますので確認してみてください。
例えばA社はレンタル料金が一番安い!でも、無料通話ナシ。
B社はレンタル料金が500円高い。無料通話1050円付!
少しでも通話をするならB社の方が結果安くなります。
同じようにプラン料金、通話料金30秒~円などの違いでも月々の支払い料金が大きく変わりますので確認しましょう。
次に初期費用ですが、やたらと安いのも注意が必要です。
当社を含め、デポジットなど先払いのシステムを採用している業者は多数ありますが、この金額を減らすことで初期費用を安く見積もることはできます。しかし、その初回デポジットを安くしても実際は追加の入金を数日後など頻繁に迫られることになります。なぜなら、基本料金・ネット使用パケホーダイなどで携帯の一ヶ月の利用料金は普通10000円ぐらいはかかるものですから。初期費用の安い良い店だと思って契約しても、すぐに追加の請求がきてしまうので意味がありません。むしろ何度も入金する手間がかかるだけ損です。
これらを念頭において慎重にレンタル携帯電話業者をお選びください。

当社は携帯レンタル優良店を自負しておりますので、誠実にお客様と向き合うことを第一に考えております。ご相談だけでも歓迎いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

携帯電話の買い換えるタイミングっていつ?

掲載日:2013年3月11日(月)

携帯電話は一昔前だと新しいのが出るたびに買い換える方が多かった様な気がします。
景気もそんなに悪くなく、真新しい物が次々と出てきましたよね。
最近は余程のことがないと買い換える人は減ったと思います。スマートフォンが登場して、多くの人の目を引き需要が高まりましたが、また下火になっています。
携帯会社もMNP,4GLTE対応などの策でなんとか売ろうと躍起になってますが、みなさんはどうですか?
MNPの優待などがあっても2年縛り等のルールでいつ買い換えるべきか判断がつきにくいのでは?
私なりに感じたのは、今はアプリなどの発達に流れを任せれば、自然に買い替え時はスマホが教えてくれると思っています。というのは、SNSや便利なツールがどんどん登場する今、スマホのメモリは消費する一方ではありませんか?
日常に欠かせないアプリは、これからもまだまだ増えてきます。新しく発売するスマホもメモリ容量が増えていきます。
時代に合った規格のものがちゃんとでてくるのです。
ですから、メモリが足りなくなるまでじっくり待っていれば良いのではないかと思います。新しいスマホが出てもメモリが同じではすぐに買い替える必要がすぐに訪れてくるかもしれません。
どうしても使ってみたいお試しにも、2年縛りもないレンタル携帯をどうぞ活用ください。

携帯電話レンタル ザ・シークレットサービスからのお知らせ

掲載日:2013年3月4日(月)

携帯レンタルのサービスを提供するにあたって、必ず必要になるのが「ご本人様確認」です。当社ではお電話にて郵送希望で申し込まれる方が大半ですが、身分証の照会は郵送、FAXをお選びいただけます。
このうち、FAXをご利用いただく際、画像がどうしても不鮮明になってしまう方が大変多いです。この場合、もう一度再送いただくことになってしまいますので、そうならないように、きれいに送るポイントを挙げさせていただきます。
1・必ず白黒でコピーしてください。
2・200%程度拡大してください。
3・コピーの際の印刷の濃さは一番薄く設定してください。
以上の3点を実行すれば大体の場合きれいに送れます。(コピー機により誤差があります)
手渡し、郵送なら確実なので、お急ぎでない場合は、そちらもご利用いただけたら煩わしくないかもしれません。
レンタル携帯において、最も重要な事項ですのでご協力ください。よろしくおねがいいたします。

名古屋にて携帯レンタル手渡し希望の方 携帯電話レンタル ザ・シークレットサービス

掲載日:2013年3月4日(月)

お問い合わせありがとうございます。
やはり手渡しでないと不安だという方意外といらっしゃいますね。
お話を聞いてますと、お気持ちは良く分かりました。電話注文で料金を先に振り込むのは気が引けるのは振り込め詐欺などが多い時代、そうかもしれませんね。
そういう方は、直接の手渡しのサービスも行っておりますので、是非お申し付けください。
名古屋市内以外におきましてもご相談お受けします。
レンタル携帯ショップの営業形態上、このような取引方法となっておりますので、ご了承いただけたらと思っております。
一般的に携帯レンタル業にちょっとグレーなイメージがあるのでしょうか。。。
当社は信頼と安心のもとサービスを提供いたしておりますので、どうぞご安心ください。
いつでもお気軽にお問い合わせください。

携帯レンタルの需要

掲載日:2013年3月4日(月)

携帯レンタルをご利用される方が最近増えてきたと感じますが、その要因は何なのか?
一昔流行ったのは、身分証不要をうたい文句にした業者が乱立していた時期です。これは法が整備される以前の時期でもあり、完璧な匿名性に人気がありました。お客さんの大半が違法な使い方をする人ばかりです。いわゆる振り込め詐欺に重宝されていたわけです。結果、その類の犯罪は激増してしまうことになります。今ではしっかりした業者がほとんどだと思われますが、この時期の印象が業界としてブラックなイメージがついてしまったのは残念です。
では、最近の需要増加は?
おそらくはストーカー的な犯罪、事件が増えているというのがレンタル携帯を希望する人の増加につながっているのではないかと思います。
もちろん経済的な事情にも大きく左右されますが、それ以上に自分の身は自分で守るというリスクヘッジをとる人が増えているのです。
特に多いのは夜のお仕事の方の利用です。接客業での時間外の営業は、もはや当たり前となっています。自分の契約した電話番号でメールや電話を?
辞めた後に解約すれば?とも思う方もいるかと思いますが、今の時代にそれはあまりに無策です。電話番号やメールアドレスで個人の住所など簡単に調べられる時代なのです。探偵などのサービスを見たら驚きますよ。。。
そういうリスクを回避する意味でも名義の違う2nd携帯の需要が増えているのです。
当てはまりそうな賢明な方は携帯のレンタルを御一考ください。