知らないと損する・格安レンタル携帯電話業者を見分けるポイントは?

掲載日:2013年3月23日(土)

最近レンタル携帯を他社から乗り換えをお考えの方からご相談いただいたのが、料金が契約初期費用は安かったが、後の請求額が高額だったというものです。考えられる原因はいくつかありますので、皆様にもそのポイントをおぼえて、お店選びの参考にしてください。
注目すべき点は、通話料金・プラン料金・レンタル料金・無料通話です。これらを明示してない業者はちょっと怖いです。優良店なら記載されていますので確認してみてください。
例えばA社はレンタル料金が一番安い!でも、無料通話ナシ。
B社はレンタル料金が500円高い。無料通話1050円付!
少しでも通話をするならB社の方が結果安くなります。
同じようにプラン料金、通話料金30秒~円などの違いでも月々の支払い料金が大きく変わりますので確認しましょう。
次に初期費用ですが、やたらと安いのも注意が必要です。
当社を含め、デポジットなど先払いのシステムを採用している業者は多数ありますが、この金額を減らすことで初期費用を安く見積もることはできます。しかし、その初回デポジットを安くしても実際は追加の入金を数日後など頻繁に迫られることになります。なぜなら、基本料金・ネット使用パケホーダイなどで携帯の一ヶ月の利用料金は普通10000円ぐらいはかかるものですから。初期費用の安い良い店だと思って契約しても、すぐに追加の請求がきてしまうので意味がありません。むしろ何度も入金する手間がかかるだけ損です。
これらを念頭において慎重にレンタル携帯電話業者をお選びください。

当社は携帯レンタル優良店を自負しておりますので、誠実にお客様と向き合うことを第一に考えております。ご相談だけでも歓迎いたしますので、お気軽にお問い合わせください。

 

Tags: , , , ,

Comments are closed.