プリペイド携帯とレンタル携帯の比較

掲載日:2013年7月4日(木)

プリペイド携帯電話、最近はあまり見かけなくなった気がしますが、このプリケーとレンタル携帯を考えてみます。

プリペイド携帯は世界においては非常に人気の携帯電話ですが、日本においてはその人気はいまひとつといったところでしょうか。
日本ではガラケーという日本独自のサービスが発展を遂げた携帯はスマートフォンへと受け継がれ更に勢いを増しています。
プリペイド携帯ではこの機能がほとんど使えません。

Fujitsu ARROWS-V F-04E. / MIKI Yoshihito (´・ω・)

インターネットの拡充が進む中、プリペイド携帯ユーザーの不満のひとつとなっています。不満といえば通話料金が高額な点、これも大きな不満要素です

  • 一般の携帯が例えばMプラン30秒/14.7円(ドコモ・AU)に対して、プリペイド携帯は30秒/45~50円と3倍以上の通話料金がかかります。

 

短期間でなおかつ待ち受けがメインならばプリペイド携帯は魅力ですが、中長期である程度電話をかける方には経済的ではないです。    一ヶ月で2時間一日平均約4分の通話 =プリペイド携帯10800円~12000円 

レンタル携帯Mプラン約5250円(無料通話4,200円付)*お店により異なります

どうですか?レンタル携帯だとレンタル料が入ってもプリペード携帯より安くなり、オプションでパケホーダイなども選ぶことが可能なんです。

レンタル携帯に関してはお店ごとに料金が決まっているので確認してみると良いでしょう。

諸事情によりドコモなど各キャリアと契約できない方は、あきらめずにレンタル携帯も検討してみてはいかがでしょうか?

もっと詳しく料金を知りたい方はトップページでご紹介しております

Tags: , ,

Comments are closed.